主にRed Stoneに関する情報、それに関連するL&K社やGameOn社の情報をまとめてる個人ブログ

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎるどせんけっかとすうじにんしょう

2013年 06月09日 00:06 (日)

メイドの記事書いて燃え尽きてギル戦記事書き忘れていました。

■6月4日 vs.月華 様
あつまり
集まり。鈴さん不在で霊術2枚

前回同様、相手のドラツイに警戒してみんな水抵抗を稼いで参戦。
指スロットを臨機応変に変更できるギルメンが多いので、火力でもエーデルゴンドNxとか嬉々として装備しています。属性抵抗大切。

檻真空
開始すぐに真空檻で相手のwizを捕まえてタゲあわせで倒し、
さらに隣にいた武道に胴切りして

得点
一気に2得点。どちらもみんなでタゲあわせていたのですが、たまたま味方ドラツイ戦士がLAでした。

先制点を得れたのでかなり押せ押せな展開に。


真空誰の?
ただし中盤、てっきり味方の真空と思って相手の懐に飛び込んで行ったら

チーン

返り討ちに。 そういえばこちらの霊術参加2名なのに3個真空あったらそりゃ1つは相手のですよね。

あ、だいぶ前からなのですがまたーりの霊術1人が元いたギルドのGV活動再開につき移籍したため、現在霊術MAX3名になりました。

結果
ちょこちょこ失点もありましたが、結果勝利。

檻と裏切りを駆使した戦法が上手く行った印象でした。
ドローが効く相手も居て味方真空の中に引っ張って倒したり、コンスタントに点数を重ねられたと思います。

月華夜想様、対戦ありがとうございました。



■6月7日 vs.うるち様
アリーナに放置して、コンビニに行ってたら警察官に呼び止められて自転車の防犯確認とかされてぐだぐだ。
なにやら警察無線の応答がめちゃくちゃ悪い感じで8分ぐらい待たされて「急いでるので帰っていいですか?」と言っても止められる始末。

その後さらに5分ぐらい束縛されてようやく平謝りされながら開放されて急いで自宅へ。

新しく導入された数字認証に四苦八苦してもう20分ぐらい遅刻。

数字認証
この数字認証、韓国では2年以上前から導入されてたのですが、今更日本で導入されても・・・。

しかも、ありもしないIDとPASSを入力しても数字入力を求められるので、本当に厄介。
数字欄にフォーカスあわせてるのにパスワード欄に入力がいってしまったりetc...

全角数字だともちろん弾かれますので、全角入力モードでも強制的に半角数字で入力されるテンキーからの入力が理想的かもしれません。


まあそんな感じで「GV出れなかったー、勝ってるか負けてるかギルチャで確認だけするかー」という感じでアリーナログインしたら、MAPが戦場になっていたので、おおおお!とハイテンションでログイン。

絶望的な状態
ログインしたらなんかお通夜モード。
聞いた所、どうやら味方ネク魔参加ゼロでまったく点が取れないという。

「こっから取りに行くぞ!」と士気を上げて、支援もらって秘薬使って万全の状態で突撃。

檻から
相手天使を綺麗に檻にはめて、

裏切りで
裏切りで倒すことに成功。ここからお通夜モードだった空気が一変して、取ったり取られたり。

SS撮り忘れたのでそこからの展開が書けなくて本当に残念なのですが、すっごい熱い展開でした。


結果

最終的に68点差で勝利という凄まじい逆転劇でした。

いやはや、「普段居る2悪魔が居ないとまったく点取れないー」という声が反省会でありました。
ぎりぎり自分のネク魔が戦場に転送できてよかった。本当によかった。

いつもの霊術2枚でいくら妨害頑張っても、結局は裏切りからタゲ合わせしないと大した物理ダメ出せないので全く点取れないみたいです。
そこら辺は別鯖との装備差の限界。大人数でのタゲ合わせで瞬間ダメージを上げたり、魔法ダメに頼るしか指無し鯖では勝てないですね。

それにしても楽しい試合でした。
ULTIMATUM様、対戦ありがとうございました。


そういえば新しいアリーナランキング完成したみたいですね。
戦績サイトに登録しつつ、先週GVを行ったギルドがまだ少ないせいで、ギルド数が極端に少ない感じですが、月末頃には立派なランク表になっていそうですね。楽しみです。



・絶対命中OP補正メモ
一般1~3 命中+100% 一般4 命中+75%
セミボス1 命中+50% セミボス2 命中+40% セミボス3 命中+30%
ボス1 命中+25% ボス2 命中+20% ボス3 命中+15%
対人戦 命中+15%

Thème : RED STONE Genre : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。