主にRed Stoneに関する情報、それに関連するL&K社やGameOn社の情報をまとめてる個人ブログ

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤石起動フラッシュメモリ作成

2013年 04月05日 18:06 (金)

需要があるのか知りませんが知人に聞かれたのでブログネタに。
赤石起動フラッシュメモリを作ってみる。

ふと公認ネカフェでもない場所で赤石を起動したいけど、DLしてインストールまですると時間がかかる。
そんなときUSBフラッシュを持ち歩けば大丈夫。なんてことができる・・・けど誰得?

やや難しいのでPCに理解のある人向け

フラッシュ1
RSインストール済みのパソコンからRED STONEフォルダ(一般的にC:\Program Files(x86)\GameON\RED STONE)をコピーして、
フラッシュ2
USBフラッシュメモリに貼り付ける。

これだけだと赤石がインストールされていないPCでLauncher.exeを起動しても次のようなエラーが出る
フラッシュ5

これはレジストリキーがそのPCに設定されてないせい。

レジストリキーを設定しなくてはならないので、
メモ帳を起動して下記のコードをコピペする

Option Explicit

Dim objWshShell, Msg, regStr
Set objWshShell = CreateObject("WScript.Shell")

regStr = "HKEY_CURRENT_USER\Software\L&K Logic Korea\Red Stone for Japan"

Msg = MsgBox ("RED STONEレジストリを記録:はい" & vbCrLf & "RED STONEレジストリを消去:いいえ" & vbCrLf & vbCrLf & _
"既にPCにインストール済みの場合はキャンセルしてください" ,vbQuestion + vbYesNoCancel,"フラッシュメモリ起動RS")

If Msg = vbYes Then
MsgBox objWshShell.RegWrite(regStr & "\Path",objWshShell.CurrentDirectory,"REG_SZ") & _
objWshShell.RegWrite(regStr & "\Version",586,"REG_DWORD") & "登録しました"
End If
If Msg = vbNo Then
MsgBox objWshShell.RegDelete(regStr & "\") & "消去しました"
End If

Set objWshShell = Nothing


上記のコードをメモ帳に貼り付けて、名前を付けて保存する
フラッシュ8

フラッシュ9
保存するときはファイルの種類を「すべてのファイル」に変えて、ファイル名は「レジストリ登録.vbs」にする

フラッシュ3
保存したファイル(上の手順で「レジストリ登録.vbs」と名付けた)を、フラッシュメモリの「RED STONE」フォルダ内にコピーする

フラッシュ4
これで完成。

既にRED STONEがインストール済みのPCでは絶対にこのファイルを起動しないでください
レジストリが書き換わって赤石が起動できなくなります。(クライアント再インストールで直りますが)

あくまで赤石がインストールされていないPCで無理やり赤石を起動させる手法なので。


フラッシュ0
で、赤石をインストールしてないPCでこの「レジストリ登録.vbs」を開くと上記の画面が表示されます。

「はい」を押すとPCに設定を流してUSBフラッシュから赤石が起動できるようになります。
「いいえ」を押すとそのPCから赤石起動設定を消滅させて赤石を起動できなく(証拠隠滅)できます

上記のプログラムコード内で赤文字にした「586」は、USBフラッシュにコピーしたゲームクライアントのバージョンと一致させる必要があります。
フラッシュ6

Thème : RED STONE Genre : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。